顧問契約の必要性

トラブルはもちろん無い方がよいです。

しかし、企業活動や社会生活において、
トラブルはつきものです。

 

いつ自社や自分の身にトラブルが
ふりかかってくるかもしれません。

 

例えば、取引先が突然倒産した、支払日なのに
売掛金の入金がない、交通事故に遭った、
会社をクビになった等々。

 

こうした時、すぐに相談できる弁護士が
いると安心です。

 

また、取引先等と契約をする前に、
弁護士に契約書のチェックを受けることができれば、
無用のトラブルを防ぐことも可能です。 

顧問契約のメリット

・相談料は無料です。

・顧問先のみ電話及びメールでの相談にお答えします。

・弁護士の携帯電話番号をお教えしますので、いつでも相談可能です。

・他の案件よりも優先的に処理させていただきます。

・顧問弁護士の存在は対外的な信用力を高めます。

・社員の方の相談も可能ですので、福利厚生にもなります。

・着手金や報酬等の弁護士費用に割引があります。

・法務担当の従業員を雇用するよりも費用がかかりません。

・顧問料は全額経費となります。

 

顧問料

・法人及び個人事業者の方

 月額5万円(税別)~

 

・個人(非事業者)の方

 月額5000円(税別)~

 

金額はご相談に応じます。 

 

顧問弁護士をお探しの方へ

・先代が契約している顧問弁護士はいるけど、気軽に相談できない。

 

・顧問弁護士はいるけれども、忙しそうで対応が遅い。

 

・勤務弁護士に仕事を担当させて、自分では対応してくれない。

 

・顧問料が高いと思う。 

 

上記のような悩みを抱えている方は、まず3ヶ月間の顧問契約で試してみてください。